よくある質問|ドライバーの就職支援はキャリドラ

応募する

よくある質問

就職について

免許について

就職について

運転手の定年は何歳くらいまで?
トラックやバスなど業界によって変わりますが、何歳までという明確な規定はなく、会社ごとに基準が設けられており、おおよそ60~70歳くらいを定年にしている会社がほとんどです。しかし昨今は運転手不足と言われている中で企業も定年の引き上げや、再雇用を行ったりしています。定年後も数年は働いている方が多い状況です。
業界ごとで見ると、
■トラック業界
トラック運転手の方は、定年後も働いている方が多いです。
運転手経験のある方は自分の体力や生活環境と向き合いながら働かれているケースがあります。
■バス業界
バス業界は65歳前後を定年の規定としている会社が多いです。
バスの場合は人を乗せるので健康面や体力などを考慮して退職する方と、再雇用で数年働く方がいます。
■タクシー業界
タクシーは他の業界で定年を迎えてから働く方も多いです。
定年の規定はありますが、自分が働けるまで働く方が多い印象です。
女性でも活躍できますか?
近年は女性運転手の方も増えています。
主婦の方なども働きやすい勤務形態や、女性のための設備など特に大手の会社を中心に進められています。
背景には、運転手不足の会社の人員確保などの視点からも受け入れ体制の整備は今後も進んできます。
何歳までならバス運転手に転職できる?
定年退職の年齢くらいまでは転職できる会社もありますが、40~50代になると、健康面や体力なども考慮して採用する会社もあります。中には60代で転職される方もいるようです。
契約社員から正社員になれる確率はどのくらい?
1年~3年程度しっかり働けば正社員になれる確率は高くなります。
バス運転手の給料はどのくらい?
バス運転手の平均年収は約450万円ほどと言われています。
路線バス、観光バスなど大きく給料は変わりませんが働く会社や地域によっては給与は変わります。例えば公営のバス運転手なら民間の運転手より若干給料が高くなる傾向です。バス会社は電鉄会社が運営している会社も多く福利厚生などが充実している会社も多いです。
また都心の地域ならば平均年収は高くなる傾向があります。
給料は働く会社や地域によって若干変動する場合が多い状況です。
バス運転手になるのに、経験は必要?(実際のところ)
これはバス運転手に限ったことではないですが、経験はあった方がスムーズに転職ができます。
しかしバス会社へ転職する人は未経験の方が以外と多いです。
特にバス運転手は大型二種の免許が必要で一般企業の転職よりも免許取得などの手間掛かります。
近年は教育や研修に力は入れている会社も多く、免許取得費用を会社が負担する制度(養成制度)もあります。
経験は全く無くても転職できることが多いです。

免許について

運転手になるにはどんな免許が必要?
運転する車によって異なります。バス運転手を目指される場合は大型二種免許、大型トラック運転手であれば大型一種免許が必要となります。それ以外にも、タクシーであれば普通二種、中型のトラックであれば中型一種などが必要となります。
どの運転手を目指されるのか明確になってから免許取得をしましょう。