大阪のイチオシ求人|ドライバーの就職支援はキャリドラ

応募する

運転免許取得支援制度(養成制度)

運転免許取得支援制度とは?

一般的には運転手養成制度と呼ばれているものです。
バスやトラック、タクシーの運転に必要な免許をお持ちでない方に対して採用する企業が免許取得費用を負担する制度です。免許を持っていない方には制度を利用できるメリットがあるのでどんな企業に養成制度があるのか探してみるのも良いです。

養成制度を利用するには?

まずは、企業に応募→内定となった後に免許を取得頂きます。
各企業によって取得方法は異なりますが、会社指定の教習所への合宿や通学で取得頂くケース、ご自身で教習所を探し後ほど会社から免許取得費用を負担頂けるケースなどがあります。(負担額は企業により異なります。)
制度を利用するときも各企業によって「勤続3年以上が必須」など条件があり、満たされなければ制度の利用が不可になるケース、教習料金を返金頂くケースもございます。

【主な規定】
・「勤続3年以上で免許取得費用の返済義務を消滅する」
・「車種によっては養成制度を受けられない可能性がある」
(例:普通車免許を取得して3年が経過していない方。AT車免許所持の方はMTへ限定解除後でしか制度を受けられない、などがあります。)
各企業で様々なのでお調べ頂くかお問い合わせ下さい。

運転手見習い制度

主に新卒(高卒)の方で入社された方は、年齢や免許取得年数が満たない関係で仕事に必要な免許をすぐに取得ができない場合があります。
そのような場合はまず社会人スキルを磨くために、事務職などの業務に専念して頂き条件が整えば会社の負担で免許取得することが出来ます。
この制度にも会社のよって条件が異なるのでご確認の上ご応募下さい。

まとめ

・養成制度は会社が免許取得費用を負担してくれる
・養成制度は企業ごとに条件や規定がある