1. キャリアドライビング
  2. お役立ち記事一覧
  3. トラック運転手の仕事が楽と感じる理由

トラック運転手の仕事が楽と感じる理由

トラック運転手の仕事が楽と感じる理由

2020/11/24

トラック運転手の経験がない方は、「過酷」「きつい」というイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。しかし、実際にトラック運転手の経験者は楽と感じる人が多くいらっしゃるようです。

これからトラック運転手を目指す方向けに、何故楽と感じるのかを解説していきます。仕事内容は運ぶものや距離によって大きく変わりますので全てのトラック運転手に当てはまる内容ではありませんが、今後の就職や転職活動の参考にしてください。

人間関係の悩みが少ない

トラック運転手は荷物を積んでしまえばあとは目的地まで一人で仕事を進めていきます。出社する時間は早い事が多く、同僚とも会わない運転手も多いのではないでしょうか。

社内での人間関係、また取引先との接点が比較的少ない為に「楽」と感じる方は多いでしょう。しかし全く無いわけではありませんので、取引先に納品する際には元気な挨拶をするなど人当たりよく対応する必要があります。

人との接点が多いか少ないかは運送距離によっても変わります。長距離の仕事では到着まで1日以上かかるのが珍しくありませんが、短距離や中距離では1日に複数個所を周ります。

接点を極力少なくしたいと希望する場合は長距離がおすすめですが、毎日帰れないなど長距離ならではの大変さがあります。関連ページでトラック運転手の仕事内容をご紹介してますので合わせてご参考ください。

トラック運転手の仕事内容

良い意味でマイペースに仕事を進める事ができる

配送のスケジュールはあらかじめ決まっていますが、その時間内であれば休憩時間などは運転手の裁量に任されることが多いです。例えば昼食も11時から2時の間で仕事の合間を見て自分で決める事が出来ます。

12時から休憩を取る企業が多いので、少し早めの混まない時間帯でお昼を取る事も出来ます。上司や同僚との人間関係で悩む事も少なく、自分のペースで仕事を進めていきたいと思う方はとても楽と感じるでしょう。

休憩中は個室気分でのんびり

自分でカスタマイズできる環境であれば、社内にカーテンを取り付け、休憩時間はカーテンを全て閉めてまるで個室にいる様な感覚で休憩する事が出来ます。

拘束時間は長めの傾向があるトラック運転手の仕事ですが、休憩時間が多いのが楽と感じる人が多いようです。休憩中はYouTubeを見たり、スマホゲームで気分転換したり、昼寝したり過ごし方は自由です。車内での休憩が多い為、ポケットWiFiがあると便利ですよ。

決まった生活リズムをキープ

ルート配送の固定化されている仕事は生活リズムが一定になりやすく、楽だと感じる方が多いと思います。早朝に出勤する仕事も多く、早く帰れるので朝が早い方が良いという運転手もいらっしゃいます。

しかしこれは一例で、不規則な生活になってしまう仕事も多いです。応募前、また面接時に労働時間などあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

楽な仕事はどんな仕事?

トラック運転手の仕事は荷物の積み下ろしが大変と感じる方が多いと思います。特に手積みは体への負担も大きく、きついと感じる仕事が多いでしょう。それ以外の輸送は比較的楽と言われています。

カゴ輸送
重い物はもちろんありますが、多くがパワーゲート車を使うのでカゴ輸送は荷積み荷降ろしがとても楽です。カゴ輸送は短中距離の仕事が多く、コンビニへの配送が良い例ですね。重い物を持ちたくない!と思う方にオススメの仕事です。
パレット輸送
パレット積みはフォークリフトを使ってトラックに荷積みします。カゴ輸送同様に力仕事ではないので楽と感じる人は多いでしょう。フォークリフトの運転は資格が必要となりますので、詳しくは下部の関連ページ「フォークリフト免許の取得方法・種類や活用法まで解説」をご参考ください。
コンテナ輸送
求人数は他の運転手の仕事と比較すると少な目ですが、海上輸送が多い日本ではなくてはならない仕事です。コンテナ輸送は荷物の積み下ろし時間は待機時間となる事が多く、運転手の負担が少ない仕事です。しかしコンテナ輸送の場合は、大型免許や中型免許の他にけん引免許が必要となりますので、応募のハードルが少し高めです。他のトラック運転手の仕事と比べて、荷積み荷下ろしが少なく運転する事が中心の仕事です。

フォークリフト免許の取得方法・種類や活用法まで解説

大変な仕事はどんな仕事?

●●の手積みが大変だった!トラックを停める場所から指定場所まで遠くて大変だった!など、トラック運転手の多くが大変だった仕事(物)のご経験があると思います。手積みでも楽な仕事と大変な仕事があり、案件ごとによって違います。衝撃に弱いものや高価なものを運ぶ時も、いつも以上に神経を使うので大変と感じるかもしれません。

また出勤時間が日によって違う場合は、生活のリズムが作りにくい仕事も大変と感じるかもしれません。ルート配送などある程度固定化された仕事であれば、生活リズムも作りやすく楽ですが、日毎に案件が変わる会社だと業務時間がバラバラになる事もあります。

まとめ

トラック運転手がどんなところで楽だと感じるのかをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?仕事において楽と感じるか、辛い、大変と感じるかは個人差が大きいかと思います。しかし「気が楽だ」と感じているトラック運転手が多いと思います。他の仕事と比べて人間関係のトラブルが発生しにくい環境ですので、決まっている範囲で自分のペースで仕事を進めていきたいと思う方には天職と言えるかもしれません。

定められた拘束時間を超えての労働、休憩時間が取れない、などの環境下で辛いと感じている方は転職を検討しても良いかもしれません。トラック運転手が安全第一に努める為には健康である事が重要です。過酷な労働環境では運転中の眠気や集中力の低下で重大な事故を起こしてしまいかねません。

トラック運転手の仕事は運ぶものによって仕事内容が変わります。そして企業によっても労働条件も大きく変わりますので、どんな仕事をしたいのか(何を運ぶのが良いのか)、また企業選びも入念に行う事をオススメします。

弊社ではトラック運転手に特化した就職サポートを行っていますので、これから就職や転職を検討されている方はお気軽にご相談ください。

ドライバー就職支援サポート
「キャリアドライビング」

キャリアドライビングでは、一人一人がイキイキと働ける、求職者と企業の懸け橋となり、素晴らしい未来を実現します!運転免許取得の為の合宿免許のお手配から、就職までのサポートはお任せください。

ご紹介する求人はすべて従業員を大切にする企業に限定しております。運転手の方々が担っている仕事は社会のインフラを支える非常に重要な仕事です。運転手になる人がいなければ物流は滞り人々の移動手段も制限され、私たちの生活に著しく支障をきたします。キャリドラでは、「当たり前の生活」を支える運転手の方々が誇りを持って仕事をできる企業の求人をご紹介していきます。

© 2021 I.S.Consulting

LINE就職
相談