1. キャリアドライビング
  2. お役立ち記事一覧
  3. トラック運転手が過酷だと感じる理由

トラック運転手が過酷だと感じる理由

トラック運転手が過酷だと感じる理由

2020/10/30

トラック運転手の仕事と聞いてどんなイメージをお持ちですか?キツイ、大変など過酷なイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。ここではトラック運転手がなぜ過酷な仕事だと思われているのかの理由を分かりやすいご紹介します。

これからトラック運転手を目指す方は、「想像していた仕事内容と違った…」とならないようにこの記事を読んで参考にしてみてください。

トラック運転手が過酷と言われる理由

拘束時間が長い

トラック運転手は拘束時間が長くなりがちな仕事です。例えば事務職では9時~18時の1時間休憩で拘束時間が9時間、勤務時間が8時間の様な労働条件が多いと思います。しかしトラック運転手は到着の予定を調整するために休憩を長く取る日もありますし、待機時間が長くなる事も珍しくありません。取引先に予定の時間に到着しても、荷待ちで1時間待つ必要がある場面もあります。また予期せぬ渋滞に巻き込まれ、計画よりも運転時間が長くなってしまったなんてこともあるでしょう。

拘束時間が長くなる原因として、待機時間(荷待ち時間)は特に問題視されており、改善する為の取り組みも行われています。

詳しくは国土交通省のホームページをご参考ください。

貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部を改正する省令の公布について(国土交通省)

勤務時間が不規則、深夜勤務がある

長距離ドライバーは短距離と比べて勤務時間が不規則な仕事が多いです。短距離の地場配送でも届け先によっては早朝勤務や深夜勤務になる事もあります。コンビニやスーパーなど店舗への配送はお客様が少ない時間帯や、開店前に商品を運ぶために、深夜に積み込みを行い早朝に配達という流れも珍しくありません。長距離ドライバーは深夜の道路が空いている時間帯に走る事もあります。

一方で建築資材や産業廃棄物、ダンプで土砂などを運ぶ仕事は比較的昼間の勤務が多いです。運ぶものによって勤務時間が異なる為、就職や転職を検討する方は事前にエントリーする企業の仕事内容をしっかりと調べる事をおすすめします。思っていた条件と違うことから過酷な仕事と感じてしまう事もあるでしょう。

取引先やお客様対応も運転手の仕事

トラック運転手の仕事は取引先から依頼を受ける、受注型の仕事が多いです。取引先との力関係もあり、NOと言いにくい事も多いでしょう。相手の事情によって待機時間がとても長くなってしまったり、分単位で到着時間を指定されたりすることもあります。

トラック運転手の仕事は物を運ぶだけではなく、時には営業で求められるようなコミュニケーション能力が必要とされる場面もあります。人との接点を少なくできるかもしれないという理由で自動販売機の補充の仕事を始めたが、実際はお客様からクレームや故障の連絡の対応も運転手が行う事を入社後に知ったという話もあります。

人材不足から一人一人の負担増へ

運送業界は若手が少なく人材不足で悩む企業が多いです。しかしネットショッピングの市場拡大に伴い、関連する運送会社では以前よりも一人一人への負担が増え、残業が増えています。平成30年賃金構造基本統計調査のデータを参考に、残業時間を見てみましょう。

大型トラックドライバー
平均残業時間(1ヶ月):38時間
小型・中型トラックドライバー
平均残業時間(1ヶ月):36時間

全産業平均が約13時間なので、比較すると3倍の残業となります。同じく年収を調べてみた結果が以下となります。

大型トラックドライバー
平均給料(月収):¥352,300
平均年収:¥4,556,100
小型・中型トラックドライバー
平均給料(月収):¥315,800
平均年収:¥4,194,400

平均年収は全産業で約497万円なので、平均と比べて年収は低いけれど時間外が多い結果となっております。データだけ見るととても過酷な環境と思われますが、企業によっても労働条件は大きく異なります。

月50万稼げる!という求人を見て応募したけれど入社してみたら残業時間が多すぎて大変だったなんて事もあるでしょう。残業時間や年収など入社前に条件はしっかり確認をしておきましょう。

トラック運転手の平均給料・年収を詳しく解説

トラック運転手の年収っていくらなの?

バラ積み(手積み)が多い仕事

バラ積みはトラックに無駄なく積めるメリットがありますが、荷積み時間が長くなるデメリットがあります。また体力的に過酷な仕事です。

荷積みが長くなると拘束時間も長くなりますし、長時間にわたり思い物を手で運ぶ為にヘルニアを発症してしまう人もいます。その前に環境改善を会社に相談するか、難しい場合は転職を検討しても良いかもしれません。

家になかなか帰れない(長距離ドライバー)

長距離の仕事は毎日家に帰れないことも多くあります。一週間のうち家で過ごせる日は半分以下の運転手も多いそうです。毎日家に帰れる仕事をお探しの方は短距離の仕事がおすすめです。

まとめ

トラック運転手の仕事は時間が不規則だったり給与体系も手当ての割合が多い仕事です。運ぶものによっても大きく業務内容が変わりますので事前にしっかりと条件を確認しておくことが大切です。

また、法律で定められた範囲を超えた時間外労働が当たり前の環境だったり、給料が未払いだったり、休みがほとんどない等、劣悪な労働環境は残念ながら存在します。もしそのような企業に入社してしまった場合は、転職を検討しても良いかもしれません。

トラック運転手の仕事は楽ではありません。しかし大切なのは運転手がやりがいと誇りを持ってイキイキと働ける環境を企業が作る努力をしているかどうかです。これは運送会社に限った事ではなく、他の仕事でも同じ事が言えるでしょう。

弊社では労働条件のマッチングだけではなく、一人一人がイキイキと働ける様に、トラック運転手に特化した就職サポートを行っています。就職や転職をお考えの方はまずお気軽にご相談ください。

ドライバー就職支援サポート
「キャリアドライビング」

キャリアドライビングでは、一人一人がイキイキと働ける、求職者と企業の懸け橋となり、素晴らしい未来を実現します!運転免許取得の為の合宿免許のお手配から、就職までのサポートはお任せください。

ご紹介する求人はすべて従業員を大切にする企業に限定しております。運転手の方々が担っている仕事は社会のインフラを支える非常に重要な仕事です。運転手になる人がいなければ物流は滞り人々の移動手段も制限され、私たちの生活に著しく支障をきたします。キャリドラでは、「当たり前の生活」を支える運転手の方々が誇りを持って仕事をできる企業の求人をご紹介していきます。

© 2020 I.S.Consulting

LINE就職
相談