1. キャリアドライビング
  2. お役立ち記事一覧
  3. 【大型トラック運転手】未経験でも転職できる?

【大型トラック運転手】未経験でも転職できる?

【大型トラック運転手】未経験でも転職できる?

2020/11/02

トラック運転手の求人で「未経験でも高収入!」という言葉を見た事はありませんか?大型トラック運転手になるためには大型免許だけではなく、フォークリフトなど複数の免許や資格が求められます。未経験でも大丈夫なのか…、育成制度とか本当に大丈夫なのか…、と不安に思う方もいらっしゃるかと思います。

ここでは初めてトラック運転手を目指す方に、未経験でも転職できるのか分かりやすくご紹介します。転職活動に役立つ情報もご紹介しておりますので、是非最後までチェックしてください(^^♪

トラックドライバーの平均給料・年収

転職をする上で、給料や待遇はあらかじめ知っておきたいポイントですよね。まずはトラックドライバーの実状についてお伝えしていきます。

また、ここでお伝えするのは運送業界全体を見た時の平均データとなります。企業によって差はありますので、実施に転職活動をする際はきちんとそれぞれの企業の情報を確認するようにしましょう。

厚生労働省が出しているトラックドライバーの平均給料・年収は以下の通りです。(※)

大型トラックドライバー
平均給料(月収):¥352,300
平均年収:¥4,556,100
小型・中型トラックドライバー
平均給料(月収):¥352,300
平均年収:¥4,556,100

「平成30年賃金構造基本統計調査」より

トラックドライバーの給料は、「スタートが高い」という特徴があります。 他の業界では若手社員とベテラン社員の給料には差があるので、入社当初の給料は平均給料よりも低くなりがちなのが一般的です。

しかしトラックドライバーの場合、一人で現場に出れるくらいの経験があれば入社して間もなく平均程度の給料は稼ぐことができる場合が多いです。

トラックドライバーの残業時間

大型トラックドライバー
平均残業時間(1ヶ月):38時間
小型・中型トラックドライバー
平均残業時間(1ヶ月):36時間

「平成30年賃金構造基本統計調査」より

同じく厚生労働省が出している、トラックドライバーの平均残業時間です。

全産業の平均残業時間が13時間だということからもわかるように、トラックドライバーの残業時間は比較的長い傾向にあります。さらに、サービスエリアで休憩を取ったり車中泊をすることもあるため、拘束時間がかなり長いことは事実です。

残業時間が少ないことが転職の条件の方には向いていない業界かもしれませんが、自分の好きなタイミングで休憩が取れたりと勤務時間中の自由は多いのも事実です。細かい規則に縛られたくない方、自由が多い方がのびのびと能力を発揮できるという方はトラックドライバーとしての適性を1つ満たしているかもしれません★

未経験でも大型トラックの仕事に応募できるの?

先に結論を述べると「未経験でも応募可能」です。しかし、大型トラック運転手は誰でもすぐに務まる仕事ではありません。運転免許も必要ですし、経験や心構えも重要です。

大型トラック運転手の未経験者歓迎の求人を出している企業は、研修制度が整っている企業であると考えることもできますが、一方で深刻な人材不足で未経験でもとにかく人がほしい企業であると捉えることもできます。入社前までに確認した方が良い事は、

  • 独り立ちするまでの育成(研修)制度の内容
  • 大型トラックで仕事を始める時期

この2点です。

例えばある運送会社では、2tトラックからのステップアップで大型トラックでの仕事を任せる制度があります。また、2名体制で荷降ろしが完了してから帰社までの道のりを実際に運転させながら指導をする企業もあります。未経験者が入社後にいきなり一人で乗るケースは少ないと思いますが…。安心して働けるような制度を持っている企業へ応募したいですね。

入社前に大型免許は必要なの?

免許を取得してから仕事を探した方が良いのか、仕事を見つけてから免許を取得した方が良いのか悩む方は多いと思います。免許を取得するタイミングの答えは「応募先の企業による」です。とても曖昧な答えになってしまいますが、育成制度は企業により異なります。

しかし、大型免許を事前に取得しておくと、応募できる企業が増えるために希望する条件で転職できる可能性が上がります。企業の養成制度を利用して免許を取得した場合、勤続手当が減額する企業もあります。個人で免許を取得する場合は、教育訓練給付金制度を利用する事も出来ますので、詳しくは弊社スタッフまでご相談ください。

転職に有利な免許や資格とは?

大型免許
大型トラックの運転に必須な免許です。未経験者の方は教習所を卒業して免許を取得するのが無難でしょう。学生が多い時期は普通車以外の車種の受入が縮小する教習所がありますので、余裕を持って免許取得の計画を立てましょう。お急ぎの方は合宿免許がおすすめです。中型免許所持の方は最短約1週間で、普通免許の方も最短2週間以内で卒業できます。
2020/10/29時点での情報です。
準中型免許、中型免許
入社してから2tトラック、または4tトラックから徐々にトラックのサイズを大きくしていく企業があります。2tトラックを運転するには準中型免許以上、4tトラックは中型免許が必要です。 上記免許でも運転できないトラックがあります。
フォークリフト
荷積みの際にフォークリフトを使う事が多いために経験者は優遇されます。合格率が高く、取得し易い資格ですので転職を機にフォークリフト運転技能講習修了証の取得を検討しても良いかもしれません。

希望する仕事で取得すべき免許や資格を事前に調べよう

運ぶものによって運転免許以外の免許や資格が必要となります。例えばガソリンを運ぶタンクローリーの仕事では、大型免許とけん引免許の他に危険物取扱者資格も必要です。転職活動をスムーズに進める為にも必要な免許や資格は調べておきましょう。

企業が免許取得をサポートしてくれる制度って…?

人材不足で悩む企業が多く、また大型トラックの運転手は大型免許が必須となるため、未経験者にはハードルが高い仕事です。そのため免許取得をサポートする制度を持っている企業が増えています。

しかし、先ほども述べた通り手当が減額したり、毎月の給料から免許取得費用が減額される制度もあり、企業により養成制度の内容は様々です。月々の返済があるので数年間は退職が出来ない…、と悩む方もいるようですので、養成制度は事前に内容を確認した上で利用する事をおすすめします。

未経験での履歴書作成と面接対策

未経験者の場合は特に人柄や過去の経験がどの様に活かせるかをアピールすると良いでしょう。企業の理念、求める人材像を事前に調べ、採用後にどの様に活躍できるのかを面接官がイメージ出来る様な内容が良いでしょう。

【未経験者編!】トラック運転手の志望動機の書き方

運転経験でアピールすることはできないため、前職などで今までやってきたことを伝えられるようにしましょう。また、「数ある運送会社の中でなぜその会社を選んだのか」「その会社でどのように働き方がしたいか」を具体的に述べることもオススメです。あくまで一例ですが、志望動機の例文を記載しておりますので参考にしてみてください(^^♪

志望動機
前職では、飲食店のスタッフとして接客を行っておりました。ドライバー業の経験はありませんが、地域の生活・暮らしを支えているやりがいのある仕事だと感じ応募いたしました。前職の経験を活かしてしっかりとコミュニケーションを取ることで、取引先とのつながり、お客様とのつながりを大切にできるような働き方がしたいと考えております。

志望動機の書き方について、より詳しい情報を知りたい方は「トラック運転手(ドライバー)の志望動機の書き方」を参考にしてください!

トラック運転手(ドライバー)の志望動機の書き方

大型トラック運転手として一人立ちするまで

現在のコロナ禍による不況においても多忙な運送会社は多く、未経験者でも転職し易い業界と言えるでしょう。トラック運転手は転職してからすぐに高収入になりやすく、転職希望者にとってはとても嬉しいお話ですが、トラック運転手の仕事は危険を伴う仕事ですので、未経験者が一人立ちするまで半年位かかる事も珍しくありません。

未経験者が入り易い業界ではありますが、育成制度は企業により異なります。求人票では分からない事は面接時にも確認する様にしましょう。

弊社ではトラック運転手に特化した就職サポートを行っています。未経験の方でも安心できるように、労働条件のマッチングだけではなく、求職者の思いと企業の思いをつなぐサポートをしております。トラック運転手への転職をお考えの方は、まずはお気軽にご相談ください。

トラックドライバーに転職して良かった!と思うこと

これまでご説明してきたように、トラックドライバーのお仕事は簡単にこなせるものではありません。しかし、トラックドライバーを長年続けられている方も多く、慣れてくると自分のスタイルを確立することができて働きやすいと感じている方も多数いらっしゃいます!

そこで、実際に現場で働かれているドライバーの方に「ドライバーになってよかった!」と感じる理由を聞いてみました。トラックドライバーに転職するとどのようなメリットがあるかが気になる方は是非参考にしてみてください!

トラックドライバーが思う転職するメリット

「勤務時間中の自由が多い!一人の時間を確保できる!」
自分の好きなタイミングで休憩が取れたり、勤務時間中の自由は多いのは事実です。細かい規則に縛られたくない方、自由が多い方がのびのびと能力を発揮できるという方はトラックドライバーとしての適性を1つ満たしているかもしれません!
「手っ取り早く稼げる!」
先程もお伝えしたように、トラックドライバーの給料は「スタートが高い」という特徴があります。しかし、体が資本のお仕事になるので慣れるまでは健康管理には十分気を付けましょう!
「求人が多いので、自分に合った会社を選ぶことができる!」
昨今はオンラインショッピングの台頭もあり、運送業の需要はより一層高まっています。その影響で人手不足の企業も多いため、他の業界と比べても求人数は多い傾向にあります。しっかりと調べた上で自分に合った企業を見つけてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。未経験でも活躍できる可能性が高いために、いまトラック運転手への転職はチャンスと言えるでしょう。しかし仕事内容から労働条件まで企業によって様々ですので、しっかりと企業リサーチを行って応募する事をおすすめします。

弊社では求職者と企業の思いをマッチングする就職サポートを行っています。企業選びや、どんな仕事内容が向いているかの自己分析もサポートしています。これからトラック運転手の就職をお考えの方はお気軽にご相談ください。

ドライバー就職支援サポート
「キャリアドライビング」

キャリアドライビングでは、一人一人がイキイキと働ける、求職者と企業の懸け橋となり、素晴らしい未来を実現します!運転免許取得の為の合宿免許のお手配から、就職までのサポートはお任せください。

ご紹介する求人はすべて従業員を大切にする企業に限定しております。運転手の方々が担っている仕事は社会のインフラを支える非常に重要な仕事です。運転手になる人がいなければ物流は滞り人々の移動手段も制限され、私たちの生活に著しく支障をきたします。キャリドラでは、「当たり前の生活」を支える運転手の方々が誇りを持って仕事をできる企業の求人をご紹介していきます。

© 2020 I.S.Consulting

LINE就職
相談