1. キャリアドライビング
  2. お役立ち記事一覧
  3. トラック運転手って楽しい?やりがいはどんなところ?

トラック運転手って楽しい?やりがいはどんなところ?

トラック運転手って楽しい?やりがいはどんなところ?

2020/9/25

トラック運転手という仕事にどの様な印象をお持ちでしょうか?全国各地を周れて楽しそう」「労働時間が長そうで大変そう」「テレビできつい仕事って見たけど実際どうなの?」など…

様々な印象があるかと思いますが、ここではトラック運転手の『楽しい』ポイントを紹介していきます。これから就職や転職を検討されている方は参考にしてみてください。

トラック運転手の「楽しい!」~短距離編~

短距離のお仕事は種類が豊富で、中型トラックを使ってお店に商品を納品する仕事から取引先の工場から拠点まで物を運ぶ仕事もあります。短距離輸送ではルートが毎日決まっている仕事が多く、同じ道を毎日走る事も多い為に早く仕事に慣れる事が出来ます。今回は短距離で食品を運んでいる運転手はどんな時に「楽しい!」と感じるのかを紹介します。

毎日「ありがとう!」と言われるのが嬉しい!仕事が楽しくなる!

短距離のトラック運転手は、運ぶ物・場所によって仕事の性質が大きく変わります。例えば県内の店舗への定期配送は、1日に複数の取引先へ配送するために顧客との接点が多い仕事です。配送範囲が市内の場合はもっと多くの場所に商品を運びます。

「今日もありがとう!気を付けてね、またよろしく!」と言われると「よし、頑張ろう!」と思えますよね。また、地域へ貢献できていることを直接感じられる点も短距離の魅力です。

待機時間を自分の時間として楽しむ!

「トラック運転手の最大の敵は待機時間!」といっても過言ではありません。待機時間が長くなると拘束時間も長くなりますし、次の予定にも影響が出てしまうので運転手にとってはストレスを感じる原因となります。

しかし、その待機時間を自分の時間として存分に楽しんでいる運転手もいます。1時間の待機時間を使って読書したり動画配信を見たり、コーヒーを飲んでリラックスタイムとして楽しんでいる運転手もいます。もちろん全ての仕事で同じ様な過ごし方ができるとは限りませんが、待機時間をいかに「楽しい時間」にできるかを工夫されている方が多いです。

トラック運転手の「楽しい!」~長距離編~

短距離ドライバーにとっての「楽しい!」を2つ紹介しました。一方、長距離の輸送は600キロ以上を走行するお仕事のため、1日で仕事が完結しない(家に帰れない)特殊な仕事です。それでは長距離ドライバーはどの様な「楽しい!」があるのでしょうか。実際の声を参考にまとめてましたので参考にしてください。

トラックの運転席に座るワクワク感が楽しい!

長距離ドライバーで専用のトラックを与えられ、内装を自分の好きな様にカスタムできる会社もあります。一般的な総合職では自分の席をカスタマイズするといっても、目立たないように小物をそっと置く程度だと思います。しかしトラックの内装は好きな様にカスタムできる事が多いので、自分好みの自分だけの空間を作れる事が魅力です。ご自身のこだわりを追求するほど運転席に座るのが楽しくなりますね。

誰にも邪魔されない一人の時間が楽しい!

長距離ドライバーは業務の特性上、一度会社を出たら数日間戻らないことがほとんどです。ある程度のルートは決まっていますが、突然の渋滞や天候の変化によるトラブルなど、現場で発生している小さいトラブルは自己解決するのが基本です。大きな責任を担う一方で、やりがいも感じます。また、細かい事で指図を受けない事が良いと感じる運転手もいます。

運転している時間だけではなく待機時間や休息時間も一人で過ごすことになるので、マイペースで好きに自由に過ごしたい!という方にはとても楽しく感じられるでしょう。

「●●が楽しそう!」について実際は…?

ご当地グルメが食べ放題!楽しそう!

これは正解であって、不正解です(笑)

確かに長距離ドライバーは色々な土地を走り抜けます。そう、「走り抜ける」のです。そのため、良いタイミングで休憩ができ、トラックを駐車できるスペースを確保でき、ちょうどその時間にお店に空きがあればご当地グルメを楽しむことが出来ます。観光ではなく仕事優先なので当然と言えば当然ですね。

しかし、総合職で毎日会社へ出勤する会社員では体験する事がないであろう、その土地ならではの美味しいものとのめぐり逢いは確かにあります。ご当地グルメが堪能できるサービスエリアもあるので、走りながら「予定通り行けば今日は●●で●●を食べよう」なんて事を考えたりします。

全国の名所を観光出来るのが羨ましい!

これは少し正解で、かなり不正解です(笑)

もちろんお仕事で各地を周っているので観光を楽しみにしている運転手さんは少ないです。出張が多い会社員も同じ気持ちの方が多いのではないでしょうか。しかし風景を観光として考えるのであれば、正解かもしれません。朝焼けの素敵な風景を見てコーヒーを楽しむ…などは長距離ドライバーならではの楽しみですね。

運転中に好きな音楽やラジオを聴けるのが楽しそう!

音楽好きには最高です!走行中はもちろん一人の時間なので、どんな音楽をかけようが仕事に支障をきたさない程度であれば許されます。これは走る距離にかかわらず、荷物を積んでしまえば運転しているときは一人の時間です。誰にも邪魔されない空間を楽しめるのはトラック運転手の魅力といえるでしょう。

トラック運転手の「楽しい!」~まとめ~

短距離ドライバー・長距離ドライバーとってのそれぞれの「楽しい!」を紹介しました。仕事の特性を生かして自分の時間を満喫している人は楽しいと感じていますが、逆に一人の時間が苦痛に感じてしまう人や、接客業のように人との接点を多く持ちたいと思う人は難しい仕事なのかもしれません。

しかし、トラック運転手は運ぶ物が変われば全くの別業種と表現されるほど仕事内容が変わります。転職を考える際に、前職で楽しかったことが実現できるとは限りません。企業へエントリーする前に事前調査はしっかりと行いましょう。

弊社ではトラック運転手に特化した就職サポートを行っています。不安な方はお気軽にお問合せください。

ドライバー就職支援サポート
「キャリアドライビング」

キャリアドライビングでは、一人一人がイキイキと働ける、求職者と企業の懸け橋となり、素晴らしい未来を実現します!運転免許取得の為の合宿免許のお手配から、就職までのサポートはお任せください。

ご紹介する求人はすべて従業員を大切にする企業に限定しております。運転手の方々が担っている仕事は社会のインフラを支える非常に重要な仕事です。運転手になる人がいなければ物流は滞り人々の移動手段も制限され、私たちの生活に著しく支障をきたします。キャリドラでは、「当たり前の生活」を支える運転手の方々が誇りを持って仕事をできる企業の求人をご紹介していきます。

© 2020 I.S.Consulting

LINE就職
相談